ラーラぱど プラス[L'ala Pado Plus]大阪  オフィスで働く女性のための情報(グルメ・美容・エステ・キャリア・スクールetc.)&ブログサイト

L'ala Premium


2/3開催!「一週間フレンズ。」舞台挨拶レポート



 川口春奈×関谷正征プロデューサー。
舞台挨拶に登場!
川口春奈代表作宣言!
「初めて試写で泣いちゃった」

 

テレビアニメ化、舞台化も果たした葉月抹茶のベストセラーコミックを実写映画化した『一週間フレンズ。』。一般公開を前に行われた大阪先行上映会に 主人公・香織を演じた川口春奈と関谷正征プロデューサーが登壇。女性ファンから「かわいい!」という声援に手を振り応え、「今、目があったらからもう友達だよ!」とファンを喜ばせ、「大阪のお客さんは温かい」と嬉しそうに語った。


本作でヒロイン役のキャスティングについて、関谷プロデューサーは「一週間で記憶がなくなるとても難しい役なので、お芝居で信頼できる役者にお願いしたいと思っていて川口さんの初主演作のプロデューサーもしたので、彼女にお願いした」と明かしてくれた。

そんな難役香織役をオファーされ、脚本を読んだ段階で泣いたという川口は、「香織が内に秘めているものをどうすれば伝えられるかすごく考えた。喜怒哀楽がはっきりした子ではないし、表情もテンションも一定。表情や仕草一つ、目の動きなどを大事に繊細なお芝居が必要で、少しづつ香織が変わっていく姿を演じるのは難しかった」と語った。

 


共演した山﨑賢人については「山﨑さんは、長谷君にしか見えない。彼の長谷があったから自分も香織として生きられた。安心して飛び込んで演技をさせてもらえた。」と絶賛。撮影現場は、山﨑さん以外にも同年代の役者さんが出てるので、「みんなから刺激をもらった期間でした」と撮影をふり返り、「みんなの愛がすごくつまってます。受け取ってもらえたらうれしいです」。と語り、「完成披露試写で観て泣いたのも初めて。すごくいいもになった。自分の中で代表作だと思います。」を力強く宣言。

関谷プロデューサーは、「山﨑賢人と川口春奈が好きになる映画、ラスト15分間の川口春奈さんは特にすばらしい」。と教えてくれた。最後に川口は、「人のことをこれだけ純粋に思えることって素晴らしいと思う。そういう心をいつまでも持っていたいと思えた作品です。人は皆何かを抱えながらも全力で向き合おうとしている姿をみて少しでも勇気をお届けできたらと思います」とメッセージを贈ってくれた。


STORY ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何度忘れられても君が好きー。


高校2年生の長谷祐樹は、初めて会った日から惹かれていた同級生・藤宮香織に、思い切って「友達になって下さい」と声を掛けるが、香織は必死で祐樹を拒む。実は彼女には、“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。それでも香織のそばにいたいと願い、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く祐樹。二人は交換日記を始めて、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転入生が現れるー。純度200%のピュア・ラブストーリー。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

 

「一週間フレンズ。」

 

■監督:村上正典 ■脚本:泉澤陽子
■原作:葉月抹茶 「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス刊)
■出演:川口春奈 山﨑賢人
           松尾太陽 上杉柊平 高橋春織/古畑星夏 伊藤沙莉 
           甲本雅裕 国生さゆり 岡田圭右(ますだおかだ) 岩瀬亮/戸次重幸

©2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会」

 公式サイトはコチラ

 

2017年2月18日(土)
大阪ステーションシティシネマ、
なんばパークスシネマ
他全国ロードショー


応募フォームへ

プレゼント応募の注意事項

L'ala Padoをパソコンで見る L'ala Padoを職場にお届け 設置場所一覧 読者モニター登録案内