ラーラぱど プラス[L'ala Pado Plus]大阪  オフィスで働く女性のための情報(グルメ・美容・エステ・キャリア・スクールetc.)&ブログサイト

L'ala Premium


7月15日、大阪市内で行われた映画『銀魂』の舞台挨拶に
小栗旬、長澤まさみ、佐藤二朗、福田雄一監督が登壇!



 日本中で『銀魂』旋風席巻中!
小栗・長澤・佐藤・福田が大阪に降臨。
“笑って、泣いて、アツくなる”トークを展開!



 

本作は、累計発行部数5,100万部以上、2003年から今も週刊少年ジャンプで連載され、老若男女に愛され続ける天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)が、福田雄一監督(勇者ヨシヒコシリーズ等)のもと史上最強の超豪華キャストが結集し、実写映画化。

 

登壇すると同時に話始める佐藤と福田に「出て来ていきなり、話し始めるのやめようよ!前の舞台挨拶でもそうだったけど、お客さんびっくりしちゃう(笑)ちゃんと挨拶しようよ!」と小栗が一言。それぞれ挨拶した後、大阪名物・“551蓬莱”の肉まんが登場する新八(菅田将暉)&エリザベスのシーンについて、「新八がツッコミで、“関西ローカルの人しかしらないボケやめて!”って言うんですけど、関東の人たちにも伝わっているのか分かんなくって…笑えましたか?」と問いかけると場内から大きな拍手で返事が戻り、安心した様子の監督。


上映後の舞台挨拶ということもあり、質疑応答を急遽行うことに。“皆さん撮影している時に楽しかったこと、もう1回やりたいシーンはありますか?”という質問に小栗がすかさず「楽しかったことない!(笑)」と冗談を。続けて、小栗が「夏の撮影が暑くて、暑くて。みんなダッシュするシーンとか中に着ているライダースがびっしょびしょ!」と撮影時の苦労を語り、「でも楽しかったです(笑)」と笑顔を見せる。
長澤は新たな一面を見せた自信のコメディシーンに触れ「出せる技を繰り出しました(笑)」と話し、「一度とは言わず、何度でも観て頂きたいです」と自信をのぞかせる。「やっぱり菅田とのアクションシーンですかねぇ」と佐藤。「アクションじゃねえから!」と監督のツッコミに不服な表情を浮かべるも、誰もが皆笑いが堪えられないそのシーンの、武市の名台詞“ヤバダバドゥ”について佐藤は「事前に菅田には伝えたんですよ」と名シーン撮影秘話を明し、監督たちからの「そんな前振りいる?」との疑問に「可愛い後輩(菅田)に、突然そんなことできないでしょ。笑っちゃう」と説明。そのシーンの撮影時間について尋ねられると、「…7分?くらい(笑)」と佐藤が答え、敵対する鬼兵隊の岡田似蔵(新井浩文)とのアクションシーンを始め、約10日にも渡る激しい殺陣撮影に挑んだ小栗は思わずあんぐり。

 

<万時屋銀ちゃんのお悩みコーナー>では、“皆さんはどうしたら明日も頑張れると思いますか”との悩み相談を受ける4人。長澤が「私は最近、人に身を預けるということを覚えました」と応えると「何か面白い事して!って言うこと?」と監督が。それに対して、長澤が「ちょっと違いますね…感覚的な事なので(笑)」とその後説明を行うも、監督に上手く伝わらずお悩み相談に苦戦。

 

そして、「なんでいつも最後俺なの?長澤さん言ってよ(笑)」と小栗が長澤に締めの一言を振り、一悶着。結局、小栗がイベントの締めの一言を話す事になったが「今は『銀魂』を応援してもらって…で、28日からは『君の膵臓を食べたい』という作品が…」と他作品の宣伝をしようとして、大きな笑いが起きる中、大阪での舞台挨拶は終了。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

<ストーリー>

幕末の江戸、鎖国を解放したのは黒船-
ではなく、エイリアンと宇宙船だった!

宇宙からやってきた天人の台頭と廃刀令により侍は衰退の一途をたどっていた江戸時代末期、いまだに侍魂を堅持する男・坂田銀時(小栗旬)は、廃れた剣術道場の息子・志村新八(菅田将暉)や、宇宙最強の夜兎(やと)族の少女・神楽(橋本環奈)と共に万事屋を営んでいた。江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎(岡田将生)がその凶刀に倒れ、行方不明になり……。

 

 

■脚本/監督:福田雄一

■原作:空知英秋「銀魂」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
■出演:小栗旬
          菅田将暉 橋本環奈 / 柳楽優弥
          新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ
          長澤まさみ 岡田将生
          佐藤二朗 菜々緒 安田顕
          中村勘九郎 堂本剛

©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

 

大阪ステーションシティシネマ ほか
大ヒット上映中

 

 公式サイトはコチラ

 


応募フォームへ

プレゼント応募の注意事項

L'ala Padoをパソコンで見る L'ala Padoを職場にお届け 設置場所一覧 読者モニター登録案内